大人の矯正

Adult

大人の矯正治療~中高生・成人~

装置の見た目・痛み・治療期間など不安な点があり、これまでなかなか治療に踏み切れなかった方も多いのではないでしょうか?現在では目立ちにくい装置や痛みの少ない装置もあり、歯と歯の周りの組織が健康であれば何歳からでも治療をすることができます。
実際に大人になってから上記装置を用いて治療を開始される方が以前より増えております。歯並びや口元(お顔)を改善することで自信を持ち、素敵な笑顔で今後過ごしていただきたいというのが私の願いです。歯並びを治したいと思った時が最高のタイミングです。歯並びが気になる方はぜひ一度ご相談ください。一緒に解決していきましょう。
できる限り抜歯をせずに歯並びを整えますが、お悩みが解決しない場合などは抜歯を行います。通常よく行われている歯の表側に接着するボタンとワイヤーを用いて治療を行う場合は、半透明のボタンと白いワイヤーを標準で用いており、少しでも目立ちにくくなるように配慮しています。また、装置の見た目が気になる方には、歯の舌側にボタンと針金をつける舌側矯正や、取り外し可能な透明な装置を用いたマウスピース型矯正装置も多くの患者様に行っており、自由に選んでいただいております。
なお歯並びの状態によってどうしてもしっかりとした治療が困難であると判断した場合、適用できないこともあります。治療計画などの説明時に、適切な治療法についてしっかりとご相談させていただきます。

  • Step01
    矯正相談カウンセリング

    予約制ですので、まずはお気軽にお電話下さい。
    歯並びにおけるお悩みや気になることをカウンセリングでお伺いします。

    料金:無料

  • Step02
    検査

    レントゲン撮影や歯型とりなどを行います。他に特別な検査が必要な場合は、大学病院などへご紹介させていただきます。

    料金:14,300円

  • Step03
    診断・治療方針のご説明

    矯正治療においては、診断と治療方針により治療期間や結果に大きな差がでるため、この過程はとても重要な要素となります。患者様や親御さんとご相談して、ご納得していただいた上で治療を開始いたします。

    料金:22,000円

  • Step04
    治療開始

    こどもの治療を受け成人矯正へ移行する場合は、成人矯正装置の料金からこどもの治療で用いた装置料を差し引きます。矯正装置を装着して3年以上経過した場合は、その後の調節料をいただきません。

    料金:装置代520,000~990,000円(使用装置参照)
    調整料5,500円(1ヶ月毎)

  • Step05
    保定装置装着

    歯を動かしたあとの後戻りを予防するため、保定装置を使用します。保定装置を使用したにもかかわらず後戻りした場合は、装置料を頂かずに毎月の調節料のみで気になる部分を再治療いたします。(5年間有効)

    料金:装置撤去料22,000円
    保定装置料22,000円

  • Step06
    保定・経過観察

    むし歯や後戻りがないか確認します。

    料金:2,200円(観察料)

  • Step07
    ホワイトニング

    矯正治療を受けられた患者様のホームホワイトニングの割引を行っています。

    料金:上下顎で22,000円(片顎は11,000円)

大人の矯正治療の際のリスク

症状によっては抜歯の必要がある

小児矯正よりも費用と時間がかかる

保険適用されないため費用がかかる

大人の矯正でよく使用される装置

表側に使用する白い矯正装置:ホワイトシステム

歯の表側に使用するボタンとワイヤーの装置です。当院では、歯の色に近いボタンとワイヤーで目立ちにくいです。

料金:装置料572,000円+月1回調節料5,500円

舌側に使用する矯正装置:WIN・インコグニト

歯の舌側に装着し、治療していきます。装置自体がほとんど見えません。

料金:装置料990,000円+月1回調節料5,500円

上顎を舌側、下顎を表側から治療:ハーフリンガル

上顎は舌側に、下顎は表側に装置を装着し、治療していきます。上顎はほとんど見えず、下顎も上の歯が覆うためほとんど見えません。

料金:装置料781,000円+月1回調節料5,500円

マウスピース型矯正装置:インビザライン

取り外し式の透明な装置です。患者様本人が装置の付け外しを行います。装置自体がほとんど見えません。歯並びの状態によっては適用できない場合があります。主に非抜歯治療への適用となります。

料金:装置料682,000円+月1回調節料5,500円

3D口腔内スキャナー
(iTeroエレメント)

マウスピース型矯正装置 や舌側矯正装置(リンガルブラケット矯正装置)の作製に欠かせない歯型の採取には、3D光学スキャナーを使用します。 従来のシリコンによる歯型採取に比べ、短時間で採取でき、患者様の負担が少なく、より精度の高い歯型が採取できます。 また、スキャンしたデータをすぐに確認し、装置作製に進めるため、装置装着までの時間を短縮することができます。

ページトップへ戻る